秋の干潟2023/09/01 21:16

気象庁では今日から秋、暦の上ではとっくに秋、でも相変わらずの猛暑だ。
先日の記事では別々に撮ったミユビシギとトウネンをアップしたが、今回は一緒にいるところを見ることができた。左のトウネンはわずかに夏羽の名残があり、右足に後趾が見える。右のミユビシギは後趾がない。一緒にいると簡単に区別がつくが、単独だと紛らわしい。

ミユビシギの群れに紛れ込んだトウネン。ミユビシギが飛び去ってもトウネンだけ残って採餌を続けていて、一緒に行動しているわけではないようだ。

飛翔するダイゼン

夏羽から冬羽に換羽中のハマシギ

オオソリハシシギのダンス

フィルム時代の鳥見記録(茨城 菅生沼) コハクチョウ2023/09/04 20:13

1985年2月、コハクチョウを見に菅生沼に行った。野田線の野田市駅から一日数往復しかないバスに乗り、バス停から歩いて30分程の菅生沼に着いてからか、途中だったか、野鳥の会埼玉県支部開催の探鳥会に来られていた方々と出会った。30人程が数台の車に分乗していて、そのうちの一台に載せて頂き、そのまま探鳥会に参加させて頂いた。何か所かのスポットを回り、コハクチョウ(幼鳥が多かった)の他、トモエガモ、カワアイサ等のカモ類や、オオタカ、ノスリ等を見て、落ちていた小さな塊がフクロウのペリットであることを教えて頂いたりもした。帰りの車中からだっただろうか、シラコバトも見ることができた。
一人だけだったらさぞ大変だっただろうと思う。

ヨーロッバトウネン? いやトウネン2023/09/07 20:06

昔汐川干潟でヨーロッパトウネンを見たことがある。といっても、ベテランにそう教えられて見ただけで、識別点を理解して確認したわけではなかったので、ライフリストには加えていない。

後趾が見えないとトウネンとミユビシギの区別も覚束ない身で、ヨーロッパトウネンの識別など出来ようはずもないが、一般的にはティアドロップ型の体型とか、嘴が細長いとか、背のV字模様だとか、トウネンより足が長いとか、尾の先端からの初列風切の突出だとか言われているが、どれも「そう見える場合がある」とか、「明瞭な場合もあり不明瞭な場合もある」ということのようで、結局は総合判断という状況証拠の積み重ねで識別するのだろうか。それともベテランには相貌認識のように一目でわかるのだろうか。

写真のトウネン(ということにしておく)は、初列風切が尾の先端より明らかに突出している。下の写真でも同様である。
嘴の長さについて、嘴の先端から根元に向かって後頭部まで直線を引き(ちょうど目の下を通る)、直線の嘴部分と頭の部分の比率を、ネット上のトウネン4羽の写真と比べてみた。ネット上のトウネンでは、平均値は0.59であったのに対し、写真のトウネンでは、左向きの写真では0.70、右向きの写真では0.66である。完全に真横を向いているとはいえず、姿勢も異なっていて正確ではないにしても、15%ほど長いようである。
でも、完全冬羽ではないとはいえ喉は白くないし、中間羽の軸斑や眉斑がどうなのか知らない。ごく普通のトウネンなのか、ヨーロッパトウネンにちょっとだけ似たトウネンなのか、それさえもわからない。

イロジロトウネンとハネナガトウネン2023/09/10 20:23

左は台風明けの干潟で見た色白のトウネン。右は先の記事のちょっとヨロネン寄りのトウネン。初列風切りは、イロジロでは尾から突出せず(下の写真でも同様)、右のトウネン(以下、ハネナガ)は突出している(特に先の記事の3枚目)。 ハネナガは嘴は細くないし、喉が白くないが、ebird Japanのヨーロッパトウネン(繁殖期成鳥)は喉に明確な斑紋があり、幼鳥2枚目の嘴はハネナガと同じように見える。 ますますわからなくなってきた。

久々の谷津干潟自然観察センター - イソシギ2023/09/11 22:31

台風明けに三番瀬に行った後、ついでに谷津干潟に行ってみた。三番瀬では見ないイソシギが谷津には何羽かいた。イソシギは海よりも内陸にいる印象があるが、なぜイソシギという名前なのだろう。

バードウォッチングから離れていたときも、谷津干潟には何度か来たことがあって、周りを散歩したり自然観察センターの中の食堂で昼食を取ったりした。その頃は、煎茶セットというのがあって、器体からだったか蓋からだったか小さな鳥が飛び出す急須が使われていて、お茶も生菓子も美味しかった。最後に自然観察センターに入ってから二十年ほど経つ。
近頃は犬連れのことが多くて建物には入れないが、その日は自分一人だけだったので、久しぶりに食堂に行ってみようと思い、入館してみた。メニューから煎茶セットはなくなっていたが、「谷津干潟の焼きおにぎりセット」というのがあって、海苔をダイゼンとカニの形に切り抜いてある。急須の鳥も楽しかったが、このおにぎりも楽しい。一人で食べるには少し恥ずかしかったけれど。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

👆 👆 👆
ご協力お願いします