チョウゲンボウ2024/04/16 21:06

手賀沼の遊歩道を歩いていたら、近くの神社の上を、チョウゲンボウがホバリングしたり旋回したりしながら飛んでいるのが見えた。遊歩道といっても、神社の向こう側の市街地から200mも離れていない。

チョウゲンボウは、本来崖地の岩場に営巣するところ、近年は都市のビルや橋梁などの建造物での営巣が増えているらしい。我孫子市に隣接する柏市ではビルの排気口での営巣が確認されているが、我孫子市では2018年時点では市街地でのチョウゲンボウの繁殖は確認されていないらしい(我孫子市鳥の博物館 第81回企画展「我孫子市の都市鳥」)。

チョウゲンボウの行動範囲は、「本種は鳥類の中でも飛翔コストが高い(Newton 2008)。本種の行動圏は平均386haと報告されており,また行動圏は個体重が近い猛禽類より比較的大きい(Peery 2000)。」(本村建ら、信州大学教育学部附属志賀自然教育研究施設研究業績、57: 1-8, 2020)ということらしい。 386haは半径約1110mの円に相当する。また、「抱卵期・育雛期におけるチョウゲンボウの雄は,ほぼ巣から2kmの範囲内で過ごす(Village 1990)。」(今井絢子ら、群馬県立自然史博物館研究報告、14: 45-50,2010)という報告もある。

神社から1~2km圏内に崖地はないように思われるが、我孫子市でも市街地で繁殖しているのかもしれない。

孫引きはご容赦頂くとして、引用した文献中の原典は以下のとおりである。
Newton 2008: Newton, I., The Migration Ecology of Birds. Academic press, London
Peery 2000: Peery, M. Z., The Auk, 117: 511-517, 2000
Village 1990: Village, A., The Kestrel. A&C Black, London. 352 pp, 1990

コゲラの赤い羽根-その32024/04/14 21:48

コゲラを見かけるとつい撮ってしまう。コゲラ自体可愛いということも勿論あるけれど、オスの頭の赤い羽根が写っていると、何となく嬉しいからだ。
すでにコゲラの赤い羽根として2回記事にしているが、以前のものよりはっきり見えている。誰が呼んだか、幸せの赤い羽根。

カケス2024/04/12 22:02

市内の谷津田で見つけたカケス。谷の両側にある丘の斜面の林から鳴き声はよく聞こえて来るけれど、なかなか姿を見せてくれない。その時は、たまたま谷の高木に留まっていた。2枚シャッターを切ったところで飛び去ってしまい、枝被りしか取れなかった。
おまけに、二線ボケを起こすフィルターをまだ使っていたときのもので、微妙にブレたようになっている。

ビロードキンクロ2024/04/10 21:27

しばらくご無沙汰だった三番瀬に春の渡りの様子を見に行った。シギチはダイゼン、ハマシギ、ミユビシギ、オオソリハシシギ、ミヤコドリ位で、はっきりした夏羽の個体は少なかった。港湾側を見ようと突堤に出ると、脇の干潟に向かって数人がカメラを向けていた。近づいてみると、ビロードキンクロが干潟で休んでいた。ビロードキンクロを近くで見たのははじめてのことだ。図鑑によれば嘴は橙赤色、黄色、黒ということだが、この個体は、嘴基部側は赤、脇は黄色、中央部にある薄ピンク色の帯から先は朱色に見える。上嘴基部にある瘤に大きく貫通している鼻孔が特徴的だ。
それにしても、R8のAFは優秀で小鳥にはバッチリでも、なぜかカモ類のような鳥には相性が悪いように感じているが、気のせいだろうか。特にビロードキンクロのような眼は、瞳を認識しにくいのかもしれない。


そこにいたあるカメラマンは、ヒメハマシギがいるらしいが一人では見つけられないと話していた。確かにハマシギの数と潮の状態からすると探すのは難しそうだった。
後日のネット情報では、その後の数日間ヒメハマシギを目当てに多くのカメラマンが早朝から集まったそうで、見事な写真がアップされている。
何とかしてあと25種、ライファーを増やしたいと思っていはいるが、なぜか海の鳥にはそこまで情熱的になれず、干潟よりも公園でオオルリやキビタキを見たいなどと思っているうちは、なかなか増えそうもない。シギチやカモメが増やす近道なのはわかっているのだけれど。

アカハジロ(ハイブリッド?)2024/04/08 22:34

公園の池に、いっときアカハジロ(♀)がいた。今は水路の対岸に移ってしまったようで、もう抜けたかもしれない。
アカハジロは、過去のフィールドノートには、1983年と1986年の2回、上野不忍池で見たという記録がある。1986年は♀と記録されているが、1983年はオスメスどちらを見たのか記録がなく、記憶もない。何せ鳥見を初めて2回目、それがライファー25種目という超初心者のときに、師匠と一緒に昼休みに出かけて、鵜の池の外から金網越しに見ただけだから、珍鳥との実感がなかったのだろう。望遠レンズなど持っていなかったから、写真はもちろん残っていない。

写真の個体について、氏原道昭氏はX(旧Twitter)でアカハジロとメジロガモの交雑種(♀)と推察されている。その理由は、脇の大部分が広く褐色なことと全体のプロポーションからはメジロガモ的で、頭は黒味が強くて少し緑光沢もあり、脇の一部に白色が混じるなどアカハジロ要素もある、ということだそうだ。素人的には、高野図鑑で言及されている「嘴の根元に淡褐色の円形の斑がある」ことが、強いアカハジロ(♀)的要素のように思われる。

メジロガモは見たこともないし、不勉強でカモの識別の知識もあまりないから、そういわれれば、そうなんだという他ない。そうすると、以前見たアカハジロも純系ではなくハイブリッドではなかったかという疑念が生じる。 カモも、シギチに劣らず難しい。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

👆 👆 👆
ご協力お願いします