真夏の三番瀬2023/08/03 19:20

7月以降、散歩以外は鳥見に行っていなかった。このところの猛暑にはうんざりするが、夕方なら短時間であれば大丈夫かと思い、干潟に行ってみた。着いてみると、日差しは強いものの海風が強く、思ったよりましだった。満潮時刻まで3時間近くあったが、見るまに潮が満ち、何か所か残っていた干潟は30分ほどで没した。
このオオソリハシシギは上の写真のように嘴がほぼまっ直ぐで(写真に黄色い直線を加えている)、嘴だけ見るとオグロシギのようだが、初列風切りの下に見える尾の先が黒くないようなのでオオソリハシシギだろう。改めて先の記事の写真(一枚目)を見ると、上の飛んでいるオオソリハシシギは嘴が反っているが、下の個体の嘴はまっ直ぐに見える。嘴の反り方は個体によって違うようだ。

キアシシギ。胸の横斑が腹の方まであるようで、ちょっとメリケンキアシシギに似ているところがなくはないが、下尾筒には横斑がなく、嘴基部に黄色味があり、ただのキアシシギ。

ダイゼン。典型的な夏羽じゃないからムナグロとの区別は微妙だけど、黄褐色味がないからダイゼンだろう。

目に入る鳥の大半はウミネコだった。

嘴端開閉-ミヤコドリ2023/08/05 21:39

このミヤコドリは上嘴が曲がっていて、ちゃんと閉じられるのだろうかと思うけど、シギチは嘴端開閉といって、嘴の先端だけ動かすことができるらしい。(三番瀬にて)

真夏の散歩-PowerShot ZOOMを持って2023/08/08 19:32

居座る台風に見舞われている沖縄地方の被害が心配だが、関東では相変わらず猛暑が続いている。それでも今日の夕方は少し暑さが和らいだような気がして、散歩に出てみた。いつもの川には、ダイサギ、コサギに加えて久しぶりにアオサギがいた。カワセミには力不足のPowerShot ZOOMでも、大型の鳥には結構使えるようだ。アオサギって美しい鳥だったんだなぁと思った。

真夏の三番瀬(その2)2023/08/10 21:20

先日に続いて、また三番瀬に行った。
キアシシギがいたので、先日のキアシシギと比べてみた。今回の典型的なキアシシギ(右)と比べると、先日の個体(左)はちょっとメリケン寄りに見えなくもない。キアシとメリケンの交雑種って、いないのだろうか。

先日は、嘴がまっ直ぐに近いオオソリハシシギがいたが、今回見たのは嘴がしっかりと反っている。

ついでにダイサギ。こうして見てみると、翼の構造がよくわかる。

フィルム時代の鳥見記録(東京 その一 不忍の池) クビワキンクロ2023/08/12 19:35

1984年、上野の不忍の池(3つの池のうち、動物園内にある鵜の池)にクビワキンクロが入ったと聞き、鳥見の師匠達と一緒に見に行った。この個体は、7年連続で不忍の池に飛来した。写真は、1986年飛来時に撮ったものである。
頭頂部が高く、嘴の先端が黒くその近くと基部に白帯があり、腹の白い部分が首まで切れ込んでいる点でキンクロハジロとは異なっている。左下の写真では褐色の首輪が確認できる。

不忍の池ではアカハジロも2度見ている。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

👆 👆 👆
ご協力お願いします