パソコンのトラブル2017/07/03 20:04


6月初めに茶事をしたものの、その後はパソコンのトラブルで大変だった。その顛末を記録しておく。

PCの買い替え
 これまで使っていたPC(Panasonic Let’s note CF-SX3、Windows 8.1)の容量(256GB SSD)の空きがなくなってきたので、4月にPCを買い替えた。二十年程前にThink padを数台使用した後は、Let’s noteを10台程使い続けている。
 新しいPC(Panasonic Let’s note CF-SZ6、512GB SSD)は、当初は問題なかったが、ひと月ほど使用していたらWindowsが起動できなくなり(PW入力画面が出ない、あるいは入力しても進まない)、初期化(出荷時の状態にリカバリ)と設定を何度か繰り返すはめになった。繰り返しているうちに、起動できなくなるまでの時間がだんだん短くなってしまった。ひどいときは、初期設定直後にWindowsが起動できなくなった。仕方ないのでSEに預けて様子を見てもらうことにし、その間に代替機を用意することにした。

代替機
 代替機、あるいはその後のセカンドマシンとしては、Let’s noteは高価すぎる。近くの量販店では扱ってもいない。店頭のマシンの中から使えそうなもの(500GB以上、マルチドライブ付、ノングレアディスプレイ)を探し、唯一目的にかなったFujitsu LIFEBOOK SH75/B1を購入した。CPUはCore i5、ストレージはHDD、メモリ4GBであるが、用途からしてまあ使えるだろうと思った。

メモリの増設
 帰宅して設定を済ませたところ、あまりの遅さにショックを受けた。Windowsの起動、アプリの起動、文字入力等がスローモーションのように遅い。4GBのメモリ(Kingston KVR21S15S8/4)を購入して増設したところ、動きが劇的にスムースになった。これだけで体感速度は数倍向上した。高々4000円のことである。32bit版じゃあるまいし、メーカーの良識を疑う。

ストレージの換装
 メモリ増設によってある程度使えるようになったが、SSDに慣れた身には、承知の上のこととはいえHDDではWindowsやアプリの起動がやはり遅い。
 そこで、HDDからSSDへの換装を試みた。SSDには、SanDisk SDSSDHII-480G-J26を選んだ。
 換装のためのシステムのクローニングは、HDDコピー機能付きSATA-USB3.0変換ケーブル(サンワサプライUSB-CVIDE4)を使用した。このケーブルを使えば、PCを使わずにクローニングが可能であるが、コピー先のメディア容量がコピー先のメディア容量と同じかそれ以上でないとコピー機能が使用できないため、単にSATA-USB変換ケーブルとして使用し、クローニングソフトはSanDiskから提供されるものを使用した。
 まず、SSDを変換ケーブルに取り付け、USBポートに挿入すると、ドライブとして認識される。Windows 10のディスク管理を使用して、SSDをインターネット情報にしたがってMBR形式でフォーマットする。
 SSDに添付されているカードに記載のURLにアクセスし、SSD診断ソフト(サンディスクSSDダッシュボード)をインストールすると、このソフトからクローニングソフト(Acronis True Image WD Edition)をダウンロードできる。このソフトの表示にしたがって進めたところ、簡単にクローン化できた。
 PCのバッテリを外し、底面を開け、HDDをSSDに付け替え、元に戻し、スイッチを入れたら無事Windowsが起動。
 メモリ増設で起動後のアプリの動作は早くなり、SSDへの換装によってWindowsの起動、アプリの起動もかなり早くなった。

Panasonic Let’s note CF-SZ6のその後
 初期化してSEに渡してあったCF-SX6は、SEの手によって初期設定され、大量データのコピーなどストレステストをして貰ったところ、問題なさそうだったので引き取り、必要な設定、アプリのインストール等を済ませて使用している。幸い、今のところ問題なく動いている。なぜあれほどトラブルが続いたのか原因は不明である。Windowsのアップデートの問題だろうか。

CF-SX3のSSD換装
 二台のPCが使えるようになったので、CF-SX3のSSDを480GBに増やすことにした。
 上記と同様にクローニングをしようとしたところ、Acronis True Image WD Editionがインストールできなかった。なぜかSanDiskのソフトが見つからないというようなメッセージが出て、その先に進まない。
 そういうこともあろうかと、LIFEBOOKのSSD換装がうまくいかなかったときのために、予備として別のクローン化ソフト(Apricorn EZ Gig IV)を買ってあったので、それを使うことにした。(因みに、このソフトは、以前はSSDダッシュボードからインストールできたものだったが、SanDiskの事情により使えなくなり、Acronisに変更になったらしい。)
 しかし、CF-SX3のマルチドライブは故障しており、CDを読み込めない。EZ Gig IVはPCにインストールしなくても、アプリケーションファイルを実行するだけで起動すると、あるサイトに書かれていたので、ファイルをCDから他のPCを介して本体にコピーして実行したところ、確かに起動した。ところが、今度はEZ Gig IVがSSDを認識しない。EZ Gig IVは、同社製のSATAケーブルを使用しないと使えないらしい。それで買った製品はケーブル(SATA Wire 3.0)とアプリのCDが同梱されていたわけである(というより、ケーブルにソフトが付いてくる?)。
 ケーブルを交換したところ、無事SSDが認識され、クローン化できた。Let’s noteは、バッテリの奥のネジを一つ外すだけで、簡単にディスクを交換できるようになっている。SSDを入れ替え、PCを起動させたところ、無事Windowsが起動した。
 ところが、エクスプローラーで見ると、Cドライブの容量が増えていない。余った領域は、未割り当て領域となっているためだ。インターネット情報にしたがい、その領域をフォーマットすることにしたが、Let’s noteは、ディスクに回復パーティションがあるため、Cドライブと未割り当て領域が隣り合っておらず、Cドライブにはできないので、増えた部分はDドライブとした。
 音楽データはiTunesとの関係からCドライブに残し、写真やScanSnapで読み込んだPDFはDドライブに保存することとした。

 かくして、ほぼ同じ内容のWindows 10マシンが2台、Windows 8.1マシンが1台使える状態になった。
 データのやり取りに使う外付SSDと併せ、バックアップ体制はとりあえず万全だろう。心配があるとすれば、すべてSSDなので、同時期のデータ揮発だろう。外付はHDDの方がよいかもしれない。

 実は、月末はiPhone 5cのトラブルで、そちらも大変だった。写真がiTunesと同期できなくなり、iPhone本体は写真アプリが「更新中」のようなメッセージが出て何やら裏で動作しているようで、バッテリの消耗が激しく、異常に発熱するという状態になった。バックアップも作成できない。
 急遽iPhone 7に移行した。ドコモショップの店員の「メールはサーバに保存されているのでコピーしなくても大丈夫」との言葉を信じたところ、iPhone 5cはキャリアメールがローカル(spモードメール)のままだったのがiPhone 7でクラウド(ドコモメール)になったため、メールは一切残っておらず、メッセージ(SMS)も消えている。当分の間古いiPhone 5cを処分できない。メールを移すのに何かよい方法はないだろうか。

高圓寺の藤2017/04/29 18:06


地元の高圓寺の藤棚である。これまで何度か行ったがいつも盛りが過ぎていた。今年は満開に近く、あと数日で房の先まで開くだろうか。

真間川(境川)の桜2016/03/26 20:39


東京で桜の開花が発表されてから5日経つ。真間川沿い(市川)では、胴吹きの花が見られるが、梢の蕾はまだほとんど開いていない。

道の駅 多古 栗山川の沿いの河津桜・オオバンの群れ2016/02/28 11:31


週末は春らしくなるということで、以前から暇なときにしている房総の道の駅めぐりに行った。今回は、「くりもと」と「多古あじさい館」である。多古は多古米で有名であり、あじさい館で買うことができる。ぶどうパンが美味しいというパン屋さんも人気があるそうだ。
あじさい館は栗山川のほとりにあり、川の沿道には河津桜が植えられている。
川面には千葉県では危急種となっているオオバンの群れが見られ、時折川辺に上がっていた。

正月の富士20162016/01/04 11:12


元日は、静岡から千葉までほとんど雲のない一日だった。やはり正月は富士山が見えないと収まらない。

炊飯用鍋2015/01/31 21:20


茶懐石の飯の湯炊には、これまで南部鉄のご飯釜を使っていた。しかし、たまにしか使わないと、メンテナンスが大変であり、取扱説明書にあるように油でコーティングすると飯に匂いが残る。
そこで、アルミ鋳物製の炊飯用ごはん鍋を買ってみた。早速炊いてみたところ(米の1.5倍量の沸騰した湯にコメを投入し、10分弱火で炊いた後、10分蒸らした)、柔らかすぎた。
米がミルキークイーンであったことを忘れていた。1.3倍量でよかったのかもしれない。
厚手の鋳物で、1時間後でも結構暖かかったが、発泡スチロールの保温容器を作ろうかと思う。

秋の陶器市2013/11/05 18:00

笠間収穫祭

益子、笠間では11月に陶器市が開かれている。最近は、駐車場確保のため、春・秋ともに益子だけで済ませていた。今年は、三連休初日に益子に行き、中日に笠間に行くことにした。
益子では、骨董村で瀧田項一さんの色絵角瓶を、城内坂の中程の出店で「チョコット」と名付けられた小振りのココットを購入した。卵と少しの野菜等を入れて蒸し焼きにできる。
以前は、益子では窯出しパンを買うのが楽しみだったが、お店がなくなってしまってからは、焼き芋が楽しみだ。道祖土交差点の近くと、「つかもと」にお店を出している。密芋が特に美味しい。

笠間では、昨年から、10月の笠間焼フェアと11月の匠のまつりが入れ替わり、匠のまつりは笠間浪漫と名を代えてリニューアルされたらしい。笠間焼フェアは工芸の丘でこぢんまりと開かれており、匠のまつりの会場だった芸術の森公園では、今年から始まったらしい「収穫祭」が開かれていた(写真)。
以前から匠のまつりと同時開催されていたストーンフェスティバルは、今でも芸術の森公園で開かれており、昨年は復興いばらき県民まつりと同時開催だったらしい。
来年は笠間浪漫に行ってみようかと思う。

収穫祭の後は、栗の家の骨董市に行った。葡萄蔓の手提げ籠や布を扱っている店で、藍染のパッチワークの大きな布が目についた。表は4~5cm×10~30cm程の短冊状の裂を繋げたもので、裏は山繭の太い糸を裂織風に織ったもので、二畳強の大きさがある。ベッドカバーとして作ったそうだが、数百枚の裂を縫い合わせる手間は相当なものだろう。寄付の敷物にしても面白いと思い、購入した。

2ヶ月振りの記事2013/10/30 12:08

てんてん祭り

ひと月に一度は記事を書くようにしているが、気がついたら前回から2ヶ月以上経っていた。
9月、10月の間に、平和島、栗の家、大前神社の骨董市に出かけ、筑波山に登り、下妻、結城に出かけ、携帯をスマホに変え、秩父宮にラグビーの試合を見に行き、名残の茶事に招かれ、書くことはいくらでもあったのに、ブログのことをすっかり忘れていた。
今年も残り2ヶ月となり、時の経つ早さに今更ながら驚いている。
(写真は人形町てんてん祭り)

W&Hのナイフ(ハワイ)2013/08/11 17:30


昨年ハワイに行ったときに、タクシーでオアフ島東海岸とラニカイ・ビーチを回る半日観光をした。途中、ドライバーの好意で、カハラホテルに立ち寄ってくれた。その際、メインダイニングの入り口の近くにショーケースがあり、その中に今まで見たことのない装飾が施されたナイフがあった。特にナイフに興味を持っているわけでもないが、ちょっと気になった。後でネットで調べたが、ブランド、メーカーもわからず、見つけられなかった。

今年も家族の希望により、夏の旅行はハワイにした。ホテルは、前半はカハラ、後半はワイキキである。カハラホテルに到着した後、件のショーケースを見たが、中身は変わっていた。
ホテル内のお店を見て回っていたときに、ジュエリーのお店でナイフが並んでいるのを見つけた。Wiliam Henryというブランドであることがわかった。ブレードは、ダマスカス鋼という幻の鋼を、積層鍛造により再現したものらしい。柄の部分は、彫銀やマザーオブパール等で装飾され、マンモスの牙を使ったものもある。昨年見た物がどのモデルか記憶は曖昧だが、まさしく同じデザイナーのものだろう。
あれこれ迷って、購入した。実際に使用するには勇気がいるが、茶杓でも削ってみようか。

散歩2013/05/28 17:59


このところ週末は何かと用事があり、家の近くの散歩もしばらくご無沙汰だった。
家の近所は市街地であり開けているが、ちょっと奥に入ると道が入り組んでいて、通ったことのない道がまだまだ沢山ある。

知らない道を歩いていると、立派な屋敷があり、「大日本茶道学会」の看板が出ていた。住んでいる町は表千家が多いと聞いているが、比較的お茶が盛んなのかもしれない。その近くに日中でも薄暗い道があった。かなり郊外に見えるが、直ぐ先はバス通りだった。