新・お散歩カメラ-PowerShot SX740 HS2024/01/30 21:24

SX740で撮ったひげジイのようなカワセミ。散歩に持ち出したときに、お祝いしてくれるかのように、家の近くの川にキセキレイ、ハクセキレイ、イソシギと一緒に出て来てくれた。

メイン機材のR7+RF100-500mmとは別に、お散歩カメラと称して、EOS R10+RF100-400mmとPowerShot Zoomを持っていた。このR10をR8に、RF100-400とPowerShot ZoomをPowerShot SX740 HSに化けさせることは、 以前の記事に書いたとおりだ。
ここで、40年来のキヤノンユーザーとしてついでに言わせて頂くと、PowerShot Zoomのシャッターボタンは本体の下側にあって、本体を握った手の親指で押すようになっているが、非常に扱いにくく、押した感覚もよくわからない。マニュアルには「手ブレを起こさないように、シャッターボタンを静かに押してください」と書かれているが、そういう当たり前のことを普通のユーザーが実行できるように作ってくださいよと言いたい。
SX740は、SX70という選択肢もあったが、R10を手放すにはポケットに入るサイズでないと意味がないと思い、サイズを優先した。もちろん、ビューファインダーがないとか、タッチパネル非搭載とか、欠点は承知の上だ。
ネットショップでPowerShot Zoomを下取り交換でSX740を注文したら、取り寄せということだったが、10日ほどで届いた。メーカーのオンラインショップでは納期約5ケ月となっていたので、先のロット分が取り寄せに間に合ったのだろう。

早速散歩に出かけて撮ったのが上の写真である。ビューファインダーがないカメラは初めてのことで、以前持っていたLUMIX GX1、リコーGXR、キヤノンM3には別売のビューファインダーを付けていたが、SX70にはオプションもない。気にはなったが、スマホではファインダーがないのが当たり前なので、それと同じと簡単に考えていた。しかし、使ってみると、やはりファインダーがないことに慣れるには時間がかかりそうだ。慣れても、液晶モニターに太陽光が当たると見にくくなるのはどうしようもない。
肝心の写りだが、ミラーレス一眼とは比べるべくもないが、PowerShot Zoomとは違って、数を撃てば当たることもありそうだ(当然と言えば当然だろうが)。

キセキレイはなかなか近くには寄らせてくれず、遠くから撮ったものをトリミングすると粒子の粗さが目立つが、シャッタースピードを上げるために感度を上げた分、粗くなるのは致し方ない(ISO1600)。
ところで、このキセキレイは尾がない(短い)ようで、初列風切りが尾のように見える。何が起きたのかわからないが、極端に人を避ける様子から、何かを恐れているのかもしれない。
イソシギの写真がないのは、撮れなかったからである。超望遠で素早く液晶モニターに収めるには、やはり慣れが必要だ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
鳥の英語は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://chatsubo.asablo.jp/blog/2024/01/30/9655125/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

👆 👆 👆
ご協力お願いします