黒織部2017/10/29 20:41


都内で行われたアートフェアで黒織部の小服茶碗を見つけた。
時代は江戸後期はあるだろうか。通常サイズの黒織部と比べると猪口に見えないこともないが、茶籠に組むのに丁度良い大きさだ。仕服を誂えるほどの値段ではないとしても、沓茶碗は自分で作るのは難しそうだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本の英語名は? 半角小文字で入力して下さい

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://chatsubo.asablo.jp/blog/2017/10/29/8717270/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。