久々の轆轤2016/10/01 21:10


「お茶とやきもの」と銘打ってはいるが、ここ数年陶芸からはご無沙汰している。思い立って、窯やろくろを置いてある部屋を整理し、やっと作業スペースを確保した。久々にろくろを廻してみたら、回転毎にゴンゴンとすごい音がする。使用しないときは回転盤とそれを廻すローラーを離しておかなければならないのに(車でいえばニュートラル)、当たったままになっていたため、ゴムの圧縮永久歪みで変形したためである。フットスイッチもスイッチ部材が元にもどらなくなっており、足でオンオフすることができない。

件のろくろは、「ポタロク」という商品名のもので、小型で持ち運びが容易なわりに、出力は他の小型ろくろの倍もあり、優れものだと思っている。残念ながら販売は終了しているようだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本の英語名は? 半角小文字で入力して下さい

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://chatsubo.asablo.jp/blog/2016/10/01/8207069/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。