久々の轆轤2016/10/01 21:10


「お茶とやきもの」と銘打ってはいるが、ここ数年陶芸からはご無沙汰している。思い立って、窯やろくろを置いてある部屋を整理し、やっと作業スペースを確保した。久々にろくろを廻してみたら、回転毎にゴンゴンとすごい音がする。使用しないときは回転盤とそれを廻すローラーを離しておかなければならないのに(車でいえばニュートラル)、当たったままになっていたため、ゴムの圧縮永久歪みで変形したためである。フットスイッチもスイッチ部材が元にもどらなくなっており、足でオンオフすることができない。

件のろくろは、「ポタロク」という商品名のもので、小型で持ち運びが容易なわりに、出力は他の小型ろくろの倍もあり、優れものだと思っている。残念ながら販売は終了しているようだ。

名残の茶事2016/10/28 22:54


昨年に続いて、10月に茶事をした。
茶事の度に記録に写真を撮っておこうと思うのだが、今回はいつにも増して写真を撮れなかった。懐石などは一枚もない。回数を重ねてもなかなか余裕が出ないものである。
昨年気がつかなかったことで、いくつか疑問が残った。この時期は、寄付以外の莨盆の灰吹は青竹でよいのだろうか。悩んだ結果、腰掛の生地の莨盆には青竹、茶室では古材のものに色あせた青竹を使った。
勉強しなければならないことは山ほどある。