火入二種2016/08/31 11:30


天啓赤絵と古染付の火入である。古染付は内側にも釉薬がかかっており、筒茶碗にも使えそうだが、高台が大きく火入に使いやすい。
赤絵は、麦藁手が好きなので最近入手したのだけれど、意外と煙草盆との取り合わせが難しいように感じている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本の英語名は? 半角小文字で入力して下さい

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://chatsubo.asablo.jp/blog/2016/08/31/8166656/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。