富津 潮干狩2007/07/02 18:04


養老渓谷で一泊した翌日、富津に潮干狩に行った。5回目位になるが、今までで一番の人出だった。
大潮でかなりの遠浅であり、アサリはどこでも簡単に見つかったが、全体的に小振りなようだ。初めてハマグリを3個見つけた。

潮干狩の後、富津岬荘に行った。ここには温泉風の風呂や露天風呂があり、日帰り入浴が楽しめる。潮干狩や海水浴の後はさっぱりする。ここで食事をとるつもりだった。受付の人が、釜飯は時間がかかるので入浴前に頼んでおけばすぐ食べられると勧めてくれた。晩ご飯はアサリご飯の予定だったので、他の定食にしようと思い、それなら入浴後に頼めばよいということになった。それが間違いだった。頼もうと思った定食は売り切りてしまっていた。富津には、アナゴ丼や地魚料理の店がたくさんある。しかし、店はどこも満員だった。最後に入った店で待とうということになったが、カウンターの中の板さんも、お運びさんも、こちらをちらっと見はするが、何の反応もない。最初に入った店でも同様だった。普通は、「生憎、席が一杯で、お待ち頂けますか」とか、少なくとも「いらっしゃい」位はいうものだ。待つのはかまわないが、外は暑いし、入口付近でうろうろしているのも目障りだろうし、あきらめることにした。どうもこの頃は堪え性がないようだ。ふと我身を振りかえると、仕事が少ないときは愛想がよくなるが、立て込んでくるとぞんざいになっているような気がする。気を付けなければいけない。結局、コンビニの世話になった。

久し振りの泊りで、娘はかなり満足したようだ。帰ってからペットサロンに犬を引き取りに行くと、他の犬とじゃれ会うようになりましたよ、とのことであった。犬にとってもよい週末であったことを願う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本の英語名は? 半角小文字で入力して下さい

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://chatsubo.asablo.jp/blog/2007/07/02/1620325/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 陽だまりの中で - 航空写真の旅 - 2007/07/04 10:32




千葉県富津市富津岬

岬全体が公園になっています
富津岬

東京湾に突き出た刃のようですね

両側に海を臨める地形は
海を渡る道のようで
とても興味深く感じます


7月に入って
梅雨らしくなりました

九州は

_ 京都きもの工房blog - 2008/10/29 10:43

京都きもの工房ブログ復活しました。 新しいブログとともに心機一転、 歩んでまいり...